種類の違うタイヤの特徴

車輪

車のタイヤは種類も豊富で、また走る道路によってタイヤを交換する必要も出てきます。エコタイヤであったり、スポーツタイヤ、寒冷地用のタイヤというように状況によって使い分ける必要があるのでそれぞれのタイヤの特徴と選び方を確認してみましょう。エコタイヤは基本的に季節に応じて使い分けるということはありませんが、その名前の通り低燃費で走行できるようにつくられたタイヤです。最近ではどこの企業もCO2削減を目指しているためにエコカーも増えてきています。それはタイヤも同様で転がり抵抗を減らすことによって走るのに不必要な負荷を減らし、燃費を改善してその結果としてCO2削減ができるようにつくられています。スポーツタイヤの場合は、それとは逆にグリップ力が得られるよう基本的に転がり抵抗が大きい傾向にあり、通常のタイヤに比べてよく食いついてくれるので急ブレーキなどでもロックがしづらく、安心して運転することができるでしょう。寒冷地用のタイヤであれば、スタッドレスタイヤというものを耳にしたことがあるかもしれません。寒い地方ではゴムの性質上、硬くなってしまい本来の力を発揮することができません。そこで、寒い地方でも本来の力が発揮できるよう改良されたゴムが利用されているのがスタッドレスタイヤというものです。このようにタイヤの種類によって用途が異なり、それによってタイヤ交換時にかかる料金にも大きな違いがでてきます。
タイヤ交換の際には、タイヤの交換のほうかにもかかる料金があります。それはバルブの交換や窒素ガスの充填です。タイヤ交換時に一緒に行ってもらうことで急遽修理が必要になることも防ぐことができるでしょう。バルブ交換は基本的にタイヤを外す必要があるので、タイヤ交換時以外でやるとその工賃が余分にかかってしまうことになるので、タイヤ交換と同時に行うほうがよいでしょう。窒素ガスは後からでも充填することができ、通常よりも空気が漏れにくくなります。