スタッドレスタイヤ

タイヤ

寒い地方では珍しくないスタッドレスタイヤですが、通常のタイヤとの違いが分からない人も少なくありません。そもそもスタッドレスタイヤという名称の意味についても分からない方もいるかもしれません。スタッドレスタイヤは雪道などの走行でもその機能を失わずに走ることができるように開発されたものですが、実はそのタイヤが販売される前にはスタッドタイヤというタイヤに鋲がついたものが販売されていました。雪が積もっていたり道が凍っている場合でも鋲が地面をしっかりと掻いてくれて滑らずに走れるというものでしたが、通常時のアスファルトの上を走行する際にはその鋲によってアスファルトが傷つけられ、更に粉塵が舞ってしまうことが問題となり廃止となりました。その後に登場したのがスタッド(鋲)レス(なし)タイヤです。スタッドレスタイヤの登場によって雪が積もるような天候でもその機能を失わずに走ることが可能となったわけです。
スタッドレスタイヤは、通常のタイヤよりもゴムが柔らかく作られているので通常のアスファルト面を走行してしまうと一般的なタイヤよりも消耗が激しくなってしまいます。そのため、通常のタイヤとスタッドレスタイヤは使い分けするようにしましょう。メーカーによっても考え方の違いから、同じスタッドレスタイヤでも耐久面やグリップ面など特化した性能に違いがあります。購入の際に迷った場合はタイヤ屋のスタッフなどにそれぞれのタイヤの特徴などについて伺いましょう。